我ながら、なぜこの手帳にしたんだろうか(笑)。

2018年。
 
今年の手帳は。
 
「奈良旅手帖」にしてみた。
なんと、個人で自費出版されているものなのだ。
リンク:奈良旅手帖
 
購入先は、東京の「奈良まほろば館」。
 
東京メトロ「三越前」駅、A1出口の階段を上がって目の前だ。
 
アイキャッチ画像が、その表紙。
 
デザインは何種類かあったが、一番シンプルなこれにした。
 
そしてその上下を彩る12色は・・・そう、冠位十二階の色(笑)。
 
徹底しているなぁ~
 
ではサクッと・・・中身を紹介。
 
○ 各月の表紙には、季節の代表的な花写真と、それぞれの花が見られる情報が。
 
○マンスリー欄。左下には寺宝展や特別公開情報が記載。

そして自分で書き足してしまう、よっちゃん(笑)。
ちなみに書き足したのは「金峯山寺・秘仏本尊特別開帳(3/31-5/6)。」
金剛蔵王権現さんに、会いたいのだ。
 
○ウィークリーも寺社イベント情報がカラフルに記載。
この手帖は淡い配色がとにかくキレイで、見ていて楽しい。
 
 
あとこの手帖、以外に使いやすいです(笑)。
 
 
巻末も奈良づくし。
○ 奈良の市町村図。

 
○ マニアックすぎる、奈良の年表。

 
○ さらにマニアックすぎる、歴代天皇一覧。

 
○ 主な寺社の所在地も網羅。

  
・・・とまぁ 奈良好きには、眺めてるだけで行きたくなる手帖。
 
そして何となく、日常の匂いがする予定を書きたくなくなってしまった。
(何のために買ったんだか...w) 
 
というわけでこの手帖、旅した場所や寺社を記録していくのに使ってます。
 
なにせ、奈良 ”旅” 手帖、だもの。
 
・・・以上、ご紹介でした。需要あるのかぁ・・・・
 
 
おしまい。

おすすめの記事