4月。

緩めて、また始める。

今年も残すところ、あと9ヶ月。
 
今年は 月初めを迎える度、無意識に「粛々スイッチ」を入れるようになった気がする。
 
「暦の持つリズム」を チョコっとお借りして。
自身を緩め、整え、「始め直す」・・・そんな感じだ。
 
色々なインプットやアウトプットで駆け抜けていると、ついつい「何かやり続けなくてはならない!」となってしまう。
 
そんな時ほど、本当はやりたいことって、実は

「何もしない」”をする” こと・・・だったりする。

「何もしない時」というのは、”何もしていない” のではないと思う。
 
その時、人は「”何もしない” を、やっている」のだ。
 
 
太陽の動きにも「日中」と「夜」があり、どちらも必要な時間であるのと同様に。
 
人のリズムにも「陽」だけでなく「陰」の時間がきっと、必要だ。
 
「何もしない=空・無」と捉えることなく「何もしない=”何もしない豊かさのようなもの” を蓄えている」と考えてみる。
 
「何もしない ”をすること”」を、「やりたいことリスト」の引き出しに、常備しておく。
 
そんな心持ちで、今月を過ごそうと思う。
 
 
今月も、粛々と始めます。
 
おしまい。 

関連キーワード
  • 【ひとりごと】「”さなぎ感” から、結局 ”幼虫が出続ける” 感じ」に...ちょいとお疲れモードか。
  • 5月。
  • 缶ビールを”狭く開口”して注ぐだけでも、きめ細かい泡になるらしい
  • 【ひとりごと】「暖かな”気”の循環」の一員でありたいものだ
  • 【花粉症ボヤキ日記】クシャミとの、負けられない戦い。
  • 4月。
おすすめの記事
「事象」と「認知」は、関係がない
またたびをする
脳って、テキトー。 関東三十六不動霊場の札所がある、千葉県の国吉駅(いすみ鉄道)。   駅を降りると、目の前の広い野っ原で、火がモクモクと。...