日付は変わり、大晦日。

死んだように生きてた、半年前。
 
で、今はこうしてブログなんざ書いてる。
 
今頃だって、普通に働いてるはずだったのに。
 
人生なんてわからないものだ。
 

さて。

今、自分のための学びとして受けている講座では
 
ちょこちょこと「自分の強み」や「専門性」について考えたり。
 
それを使っていかに「自分軸の人生」を歩むのか。
「なりたい自分」とは。
それを阻むものとは。
 
などなど。
 
少しずつではあるが、そういうものに踏み込むフェーズに、なってきた。
 
で、自分はどうか、考えるわけだが

「なりたい自分」なんて、知らん。

そんなものを探し求めること自体をブッ潰し、ベキネバの世界で生きてきたんだから。
 
そしてお陰様をもって

自分の心身が、ブッ潰れた(笑)。

ベキネバの世界から、放り出されてしまったわけだ。
 
さぁ、どうする...っていわれても、その異世界での生き方を知らんから、今学んでるわけで。
 
なりたい自分なんて、知らん。
だから、それを阻むものも、知らん。
 
この「知らん」という事実そのものが、「なりたい自分」を阻んでいるのか?
...それも、知らん。
 
そして。
 

自分が育ててきた専門性・強みなんて、あるんだろうか。

これには一つ、心当たりがある。
 
税理士?税務実務?違う違う。あんなものは、キャリアも浅い、ハリボテだ。
 
自分が人生を通して育ててきた、専門性。
 
それは

人生の闇、そのもの。

自己抑圧・他者忖度の人生。そしてその壮大なる独り相撲。
 
かれこれ40年近いキャリアにして、心身強制終了という輝かしい実績もある。
 
 
...いっそのこと、「プロフェッショナル・アダルト・チルドレン」とでも名乗ろうか。
 
自分いじめ・自分潰し・他人軸人生のエキスパート。
 
パワハラ的人間関係の、引き寄せ魔術師。
 
 
なりたい自分の作り方、人生の輝かせ方...そんなもん、知らん。
 
でも、「ああはなりたくない人生の歩み方」なら、いくらでも知ってる。
しかも知識ベースではなく、経験ベースだ。
 
自分は今後の人生、これを使っていくしかないのかもしれない。
 
 
闇を育てて、きたのなら。
今度はそれを、正しく使う。
 
 
光というのは、その相反する ”闇” を使ってこそ、その形、指し示す方向が分かる。
だったらその育ててきた ”闇” をもって、光の形、方向性を探っていけばいいのだ。
 
一切の闇もなく、あまねく光を照らすなどといったことは、それこそ神さま仏さまにお任せしておけばいい。
 
人間なのだから、持っている闇もしっかり使っていけばいいのだ。
 
だから自分も、まだこれからだけど。
この闇を正しく使う術を、模索していこう。
 
 
「きっと、未来のよっちゃんが いまのよっちゃんの葛藤に感謝する」
...そんな日が来る。

 
...これは、大切な友達が自分に授けてくれた、大切な言霊。
 
この言葉を支えに、励みにしながら。
 
”またもや どうなるか わからない” 明日からの1年を。
 
 
歩んでいこう。
 
 
 
 
  
...そしてこれが、今年最後のブログになるかな。
 
みなさま、今年もお世話になりました。
 
みなさまの人生に、光あらんことを。
 
おしまい。

おすすめの記事