他人軸な人生の終焉、自他の分離

自分を生き辛くしていたコアビリーフの、解放。他者忖度人生の、終わり。
(参考リンク)【回顧録⑮】降臨、不動明王。
 
これに伴って実感し始めたのが、「自他分離」の感覚。
自分に巣食っていた他者の価値観を手放し、そのスペースに「自分は自分」を持ち戻す感覚。
 
こちらが何もやってあげなくたって、みんな自力で生きられる。
そんな、真の信用。
 
だから、自分だって、自分の人生を、生きてもいい。
そんな、真の許可。
 
本当に、楽になりだした。
 
この流れを止めたくない。
 
そう思った先に降ってきた、2泊3日のワークショップ。
感性の扉を開き、自分に帰るための、心の学び。
 
大塚あやこさんも、講師の一人として、参加する。
 
迷わず申し込んだ。
 
またもやこれによって、沢山の大切な出会い、宝物のような世界の拡がりが待っていることも知らずに。
 
 
続く。

おすすめの記事