今こそ、変わりたいのなら。

今こそ変わりたいのなら
 
変われと力む その肚と
行くぞと勇む その体躯から
 
溜め込んだすべての息を、ここぞとばかり、吐ききってみる。
 
 
ふぅーーーーーーーーーーーーー。
 
 
暖かさが、その肚を しなやかさが、その体躯を
 
再び、駆け巡る。
 
 
 
一陣の、風。
 
 
 
風を見上げたあなたは 「これがきっかけ」と 軽やかに、軽やかにこじつけて
その風へと 手をのばす。
 
 
 
あなたの手を絡め取り 微笑んだ、一陣の風。
 
 
 
その風はやがて
海原へと、あなたを運ぶ。
 
 
熱き体躯としなやかなその肚で、私の軸を思い出したあなたは
その波へ 見事なまでに、便乗する。
 
 
あなたは本当は その乗りこなし方を知っているけれど
「それではつまらないから」と知らぬふりをして 時にゆらぎ 時にのまれながらも
私という羅針盤で 波乗りする・・・
 
海の底から返ってくる、どこか懐かしいあのエコーを、聴きながら。
 
 
 
大丈夫。
 
 
きっと、大丈夫。
 
 
 
あなたはもう、行き先を、知っている。
 
だからこそ。
 
 
 
今こそ変わりたいのなら・・・
 
さあ、行こう。
 
 
 
 
変わることのなかった、願いのもとへ。
 
 
 
今こそ、変わりたいのなら。
 
 

おすすめの記事