【なんだこれは】謎の体調不良と、謎の体調回復

これはもう、暦と星のせい、ってことで。

よっちゃんです。
 
冬至に至るまでの日々。
 
...怒涛のように、会いたい人たちと、会い続けた。
...というか、気が付けば、そういうスケジューリングになってたわけで。
 
心身強制終了後、変容してしまった人間関係と、出会いのフェーズ。
 
みんな、素敵な人ばかりだ。
 
そして、そんな皆さんに ”今年のお礼参り” しているかのような、日々だった。

反動ですか、ね。

とにかくよっちゃんは、人生史上最も濃ゆ~い「陽の力」を
この半年で出会った色々な人から、浴び続けたのだ。
 
そして。
そんな喜ばしい日々を過ごすのが、不慣れだったんだろうね。
 
逆に

グッタリしたわけです(笑)。

 
特に22日夜から、23日夜は、特に変な感じだった。
 
22日は、冬至。
陰極まって陽に転ずる、節目の日。
 
23日は、水星逆行の最終日。
西洋占星術の言葉で、地球との位置と動きの関係から年に数回、水星が逆行するように見える現象。
この期間中は、電車の遅延やサーバーダウン、金融市場が荒れるなどの ”不調” が起きやすく
個人レベルでも仕事や、体調そのものなど、何らかの不調を感じやすい人がいるようだ。
 
(ちなみによっちゃんはこういうの、”信じる信じない” の次元ではなく
「いつか科学的に解明できるっしょ」という考えだったりします。余談ですが。)
 
で、この節目に呼応するかのように。
よっちゃんの体調は、なんだか

フワッフワしてた。

そして、その期間が過ぎると、なぜか体調がよくなりだした。
 
今もまだちょっと変な感じだけど。
 
...これはもう、暦と星のせいってことに、してしまおう。
 
暦や星に呼応する、スピリチュアル波動体。
 
スピスピよっちゃん。
 
うーん、これはこれでいいのか悪いのか...
 
 
おしまい。

関連キーワード
  • 【ひとりごと】「”さなぎ感” から、結局 ”幼虫が出続ける” 感じ」に...ちょいとお疲れモードか。
  • 5月。
  • 缶ビールを”狭く開口”して注ぐだけでも、きめ細かい泡になるらしい
  • 【ひとりごと】「暖かな”気”の循環」の一員でありたいものだ
  • 【花粉症ボヤキ日記】クシャミとの、負けられない戦い。
  • 4月。
おすすめの記事
闇を育てて、きたのなら。
思惟・感得
日付は変わり、大晦日。 死んだように生きてた、半年前。   で、今はこうしてブログなんざ書いてる。   今頃だって、普通に働いてるはずだった...
5月。
日常ごにょごにょ
今年もあと、残り8ヶ月。   新緑の”春風”を、嗅ぎながら。     呟いてみる。                     おしまい。   ...
【回顧録⑯】到来、変容の始まり。
思惟・感得
他人軸な人生の終焉、自他の分離 自分を生き辛くしていたコアビリーフの、解放。他者忖度人生の、終わり。 (参考リンク)【回顧録⑮】降臨、不動明...
【日記】一つ学んで、一つ忘れるの巻。
日常ごにょごにょ
何かのジンクスなのか。 よっちゃんです。   先月に引き続き、お友達のブログ会に参加してきました。   前回とはまたメンバーも少し入れ替わっ...