徳島~香川~高知

8月初めの大型台風を宿でしのぎつつ、トリバゴ先生にお伺いを立てながら
この先数日分の旅程と宿を決めていった。
 
結構、場当たりで何とかなるものだ。
 
今までやったことが無い事でも、やってみれば。
 
何とかなるものだ。
 
そんな実感が芽生えていた。
 

体感覚に触れた、石段登り -高松・金刀比羅宮

高松にて。
 
「こんぴらさん」に行ってみることにした。
 
何段もの階段を登らなきゃいけないのは、知っていた。
 
バーンアウトしてから、あまり運動もしていないなぁ。
 
登り切れるか・・・わからないけど、行ってみよう。
 
アミノ酸、持ってきてよかった。

 

脚への刺激。心肺の高揚。無心。

一歩一歩、脚を前へ。上へ。
 
ただただ、理屈を排除して、自分を感じ取って行く感じ。
 
夢中に。
 
無心になれた。
 
この時だけは、疲れるだけの”頭グルグル”を、辞められていた。

 
気が付けば、金刀比羅宮へ。

 
「もう少し。これを、やっていたいな」
 
と思っていたら、まだ厳魂神社(奥社)までの階段があるではないか。
 
再び石段へ。
 
こうして厳魂神社(奥社)まで、1368段。
 
かなり疲れたけど、なんだか心地よかった。
 
気が付けば、石段好きに、なってしまっていた。
 
 
手水舎前の鳥居にて。なんだか神々しかった。

おすすめの記事