【独り旅の思い出⑤】人間関係の変化、生きる舞台の変化

高知・よさこい祭りへ。

心身強制終了によって目まぐるしく動いた環境。
 
気が付けば、同じワークショップ、同じ”心の学び” に参加した友達が、全国に、できていた。
 
その流れで決まった、友達に会うための、高知行き。
 
それを発端にした、西日本・独り旅の、思いつき。
 
感謝だなぁ。
 
人生の転換期を迎えるとき、それを取り巻く人間関係も大きく変わっていく。
戸惑いもあるけれど、それもまた受け入れていくべき変化なのだろう。

この頃はそんな風に、しみじみ思っていた。
 
高知よさこい祭り。よっちゃんは今風なヤツより、
「正調」とよばれる古典的スタイルの踊りが好きだと感じたなぁ。

関連キーワード
  • 【独り旅の思い出⑰】それでも譲れない思い。”不滅の法灯”と共に、「自分へ還る旅」は続く。
  • 【独り旅の思い出⑯】「未完了の感情」との出会い、心の ”奥の院” へ。
  • 【独り旅の思い出⑮】旅の終わりへ
  • 【独り旅の思い出⑭】奈良にて、友人と再会。
  • 【独り旅の思い出⑬】物事の表裏一体を感じた、高野山。
  • 【独り旅の思い出⑫】天孫降臨の地で、自分のリズムを、再調律する。
おすすめの記事
【2018】今年のホーフ、的な。
思惟・感得
キラキラしない。飛躍しない。 2018。   SNSとか見てると、皆さんの抱負は、具体的かつ希望に満ち溢れている。   実に素晴らしい。  ...
回顧録、再開します。
回顧録
ヨッちゃんです。   回顧録、再開してみます。   でも、多分。   当時の自分のマインドセットを思い起こしながら書くのは、もう無理。   ...
【回顧録⑰】さあ、自分に還ろう。
思惟・感得
湘南3daysワークショップでの、新たな出会い 湘南3daysワークショップ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」に参加。   これまで...