【まだまだ困難】自分を大切にする ことを ”習慣化する” とは

「学び」は難しく、「実践」は更に難しい

自分の希望や夢を見据え。
それを叶えるために行動し。
叶え。
前に進んでいる、人たち。
 
自分は幸いにして、そんな「自分を大切にして生きている」人たちと、沢山出会えた。
また、そのために「”自分を大切にしていく自分” に、なっていく」というプロセスを
その人たちに、沢山見せていただいた。
 
そして思う。
 
その人たちは

”自分を大切にする” ことを ”習慣化する” ことが上手。

スティーブン・ガイズ著「小さな習慣」においては
「習慣化」というのは、モチベーションや感情といった ”熱源” を使うまでもなく
呼吸をするかのように、それができる状態をいう。
 
自分はまだまだ、それができていない。
 
まだまだ、「モチベーション」や「感情」の力で、「”自分を大切にしなくちゃ” と躍起」なのだ。
 
読んだ本からの、影響。
受けた講座や、ワークショップによる、気づき。
自分を大切にして生きている人たちに触れた、余韻。
 
そういう「一時的に上がったモチベーション」や「一時的に開けた感情」を、 ”熱源” に使っている。
 
そして、その「一時的熱量」がなくならないよう、「熱量切れ」が起きないよう、ジタバタと「ぎこちない熱充填」を繰り返す。
 
 
...不安から。意識的に。力んで。
 
 
そして、定期的に「電池切れ」。またもや「閉じた状態」に逆戻り。
 
今年はこうした「浮き沈み」を少しでも小さくしたい。
 

”自分を大切にする” ための ”軸” が、まだ無い

その ”軸” というのは、いわゆる ”ヴィジョン” とか ”ミッション” といったものなのだろう。
 
自然体でその ”自分を大切にしている” 人たちには、その ”ヴィジョン” や ”ミッション” という軸を感じる。
 
そして、それに比してわかるのが
 
「自分にはそれが無い」ということだ。

ようやく ”空” になり始めたばかりの、コップだから。

そのコップには、今も「他人の価値観」と「その期待に応えられなかった自己否定」という ”過去の濁り水” が
まだまだ残留している。
 
まだまだ自分は、その ”濁り水” に固執して。
でも...飽きるまで固執したら、捨てられるようになる。
 
...その方が、「見ないフリ」とか「無かったことにしてしまう」とかよりも
遠回りのようで、着実な歩み。
 
これからも、やっていくのだ。
 
  
一方で。
自分の ”ヴィジョン” や ”ミッション” で動いている人は、そのコップを
 
まず「自分の喜び」で満たせている人たち。
そしてその「自分の喜び」がコップから溢れてしまうレベルになっているから
その溢れ出る分を、その価値を、どんどん分け与えている。
 
自分があのステージに行けるかはわからないけど
目指すべき方向は、これだ。
 
自分を大切にしてあげたい、と願ったとき
そんな自分にしてあげたいこと...諦めずに、探してあげよう。
せめて一矢、これまでの自分に報いてあげたいものだ。
 
自分の事を、自分の手で、大切にしてあげる。
...この、たった一つの「自分との約束」を、守ってあげよう。

だからこそ、まずは。
今は ”ヴィジョン” も ”ミッション” も無い自分を、許してあげようと思う。
 
あとは。
 
自分を大切にしてあげるために ”やりたいこと” が見つけにくいのなら。
 
まずは、自分を大切にしてあげるために ”やりたくないこと” の方から整理でもしてみようか。
 
いろいろ試しながら。
 
自分のことを大切にしてあげる ”練習” を、していこう。
 
自分のことを大切にしてあげる ”習慣化” の、第一歩へ。

関連キーワード
思惟・感得の関連記事
  • 頭→心→肚、頭→心→肚。自分とつながる”薄皮むき”の、繰り返し。
  • 【ひとりごと】「思い込み・信じ込み」の全てを「支配・被支配の歴史トリック」のせいにしてみてもいいかもしれない
  • 同行二人、「命に還る」巡礼の旅
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part3/3
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part2/3
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part1/3
おすすめの記事
【視座跳躍】全ては、ハナクソです。
思惟・感得
時に悩む。苦しむ。もがく。努力する。喜ぶ。喜ばれる。などなど... 人は忙しい。   生きるのに忙しい。   忙しく生きている、っていうのと...
同行二人、「命に還る」巡礼の旅
思惟・感得
LPL認定試験、クライアントで参加。 今学んでいる、ビリーフリセット®カウンセリング講座。 カウンセラー・大塚あやこさん開発のカウン...