久々にビシビシきましたよ。

”元伊勢外宮”こと豊受大神社を後にし、今度は元伊勢内宮こと皇大神社(こうたいじんじゃ)へ。
(前回の記事):【元伊勢外宮・豊受大神社】原始なる”気”に、触れる。
 
先程下車した京都丹後鉄道に再び乗車し、今度は「大江山口内宮駅」で下車。
 
しばらく歩くと、小高い場所にある皇大神社へ到着。アイキャッチ画像の左奥に見えるのが、参道の鳥居だ。
 
石段を登っていく。


 
しばらくすると、御神水が。壁面から湧き水がポタポタと。早くも聖域の息吹がムンムンの様相で、なんとなく気が引き締まる。

 
▼さらに石段を上へ。”新しい芽”を感じる御神木も。

 
▼本殿へ向かう前に、思わず左手奥に目に入った、御門(みかど)神社。


 
▼特に社殿脇の、この祠。この”ただならぬ感”・・・正面は流石に撮れる気がしなかった。

 
▼御門神社の社殿。その奥には、カネのなる石。上の石をコツンと下に置くと、確かに金属音がした。不思議な石。

 
▼いよいよ、皇大神社の本殿へ。荘厳な佇まいだ。

 
▼皇大神社の御由緒。

 
▼本殿前に立ち、右を見たアングル(境内左側)。


 
▼本殿前に立ち、左を見たアングル(境内右側)。

 
▼立派な御神木の数々。

 
▼境内左側にある、さざれ石と、隣接する小さな池。なんだかもう全てに ”場の力” をビシビシ感じる。


 
▼境内右側を後ろから見る。

 
▼境内右側に戻ると、和泉式部の歌塚。

 
▼その脇に鎮座の、岩長姫神社。


この神社は社務所も別の管轄であり、皇大神社とは別モノらしい。
端的にいうと、昭和後期に開かれたいわゆる新興宗教といったところのようだ。
どのようないきさつでこの地に鎮座しているのか、何か事情があるのかもしれない。
 
とりあえず社殿の頭からビームが・・・
 
▼また、この岩長姫神社のそばから伸びる、天龍八岐龍神社への脇道。
 
ここを下っていくと・・・なんとも言えない存在感の「天龍八岐龍神社」が。

 
小ぶりな社殿ながら、木漏れ日も相まって、場の雰囲気はなんとも幻想的。

 
この神社は凄い、見どころ、”感じどころ” 満載ではないか・・・
 
▼再び正面へ。

 
とにかく一つ一つの場の佇まいが素晴らしく、いつまでも入り浸りたくなる神社でした。
超スピスピです。
 

奥宮である ”天岩戸神社” には行けず

この後、天橋立へ向かうため、1時間に1~2本しか出ていない電車の都合から
奥宮である ”天岩戸神社” には行けず。
 
というか、この皇大神社に、いつのまにか時間を忘れて入り浸っていたわけで・・・
 
それぐらい素晴らしかったのだから仕方ない!
 
「豊受大神社」「皇大神社」「天岩戸神社」をあわせて「元伊勢三社」と言われるため、
今度来たときはは天岩戸神社へお参りしたい。
(ウェブ検索すると、これまたスンゴイところにありそう・・・行かねば)
 
 
皇大神社を参拝後、再び丹後鉄道「大江山口内宮駅」へ。
ここまでで随分スギ花粉を吸い込んだのか、ポケットティッシュ3袋をあっという間に使い切りつつ、一路「天橋立駅」へ向かった。
 
 
つづく。

おすすめの記事