診療カウンセリング以外の ”心の学び” へ

転院先のドクターとの面談・診療によって。
 
いつも最低でも何か一つ、気づきや学びがあった。
 
心の気づきや、学び。
 
それこそが、今の自分が欲しているもの。
 
そうか。そうなんだ。
 
 
ここでもネットと頼りに、検索を始める。
 
自分がこうありたい、というキーワード、願いを乗せて。
 
 

「願う者」には、それ相応の「出会い」がある

衝撃が走った。
 
とある方のブログ。
 
まるで自分のこれまでそのもの、自分のこれまでの説明書。

40歳前後で図らずも人生の転換期を迎えてしまう人の、これまでの過程。
 
その背景となった仕組みの、正体のようなもの。
 
みんなみんな、驚くほど詳細にして、ぐうの音も出ない説得力だった。
 
それが、音楽療法家にして、また独自のメソッド「ビリーフ・リセット®」を提唱し
カウンセラーとしても活躍されている、”あやちゃん” こと 大塚あやこ さん。
 
○大塚 あやこ さん

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家/学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アニメやドラマのサントラ等を手がけたが、その後燃え尽き体験をしたことをきっかけに、カウンセリング/セラピー/音楽療法に関わるようになる。
現在、六本木・SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)を拠点に、人生の転機にある人や、今以上に飛躍したい人のための個人セッションやワークショップなどを行っている。
公式サイト:カウンセラー 大塚あやこ公式サイト
公式ブログ:自分にOKを出して前に進む!
 
ビリーフ・リセット®理論。自分なりにざっくりと説明すると。
...性格、人格を形成している要因を、「”後天的に” インストールされた思い込み=ビリーフ」として捉える。
そして、自分の中であまりにも当たり前になって染み込んでいるビリーフを
「根源的な自我」とは「別個のもの」として捕捉・抽出し、自分が楽になるように取り扱う、セルフマネジメント技術。
 
認知療法的なメソッドでありつつ、”心”というものに対して
初めから ”理論的・技術的・体系的に扱えるもの” という視点に立脚しているのが特徴。
 
...自分はこの「理論・技術として」という部分に惹かれた。
「心」に対して「学び」というアプローチが取れるのでは、と感じたから。
 
そして、よくHPをみると、この方が主催の「ビリーフ・リセット®初級講座」なるものが近々あるではないか。
 
迷いはなかった。
 
行ってみたい。
 
行くことにした。
 
まさかこれが、”自分に還る” 旅の始まりとなる、重要な出会いになるとも知らず。
 
 
続く。

おすすめの記事