早いもので、年末。

よっちゃんです。
 
今回は箸休め記事。
 
年末になると、周囲はイルミネーションやクリスマスツリーで飾られ、キラキラ。
何となくそんな夜の街並みも歩いてみたくもなるもので。
 
で、そんな時のBGMにしたくなるマイ定番のアルバムが、ありまして。
 
...なんというか、歌詞云々ではなく。
音像の雰囲気が、何とな~く合っているのを、聴くのですが。
 
では早速。頼まれもしないのに、ご紹介です。
 
 

① Sonic Executive Sessions / Sonic Executive Sessions
 
・・・アメリカのバンド...というより、2人組のユニット、といった感じ。
2010年発表のデビュー作。
さすがスタジオ畑の人達だけあって、アレンジやハーモニーが繊細。
...もし法律で一人1枚しかアルバムCDを所有してはいけないことになったら、よっちゃんはコレ選びます。
 
では、いくつかYoutubeの動画リンクで曲紹介。
Tr.1: Someday Maybe ←かわいいビデオクリップ。 Tr.7: 17 Over You ←イヤホン選びの時に試聴曲で使ってます。コーラスが気持ちいい。 Tr.11: Coming Undone ←初めて聴いた時、あまりの美しさに衝撃。  
本当に素晴らしいアルバム。

 

② Spilt Milk / Jellyfish
 
・・・アメリカのバンド。1993年発表のセカンドアルバムにして、ラストアルバム。日本でも人気があって、来日もしている。
ブレーンの一人であったアンディー・スターマーは解散後 奥田民生や、”PUFFY”の名付け親となって共作したり、またYUKIに楽曲提供するなど、日本と縁が深いミュージシャン。
ドラム兼リードヴォーカルとしても独特で、Liveでは立った状態で叩きながら歌います。Youtubeなんかですぐ見れます。
 
では、これもいくつかYoutubeの動画リンクで曲紹介。Liveバージョンにて。
Tr.4: New Mistake(Live)
Tr.6: The Ghost at Number One(Live)
Tr.7: Bye Bye Bye(Live)
 
今でも伝説のバンドとして人気が根強いです。これも素晴らしいアルバム。

 

③ Want One / Rufus Wainwright
 
・・・アメリカのシンガー・ソングライターによる、2003年発表のアルバム。
映画「アイ・アム・サム」で”Across The Universe”を歌ってた人...ってのが一番メジャーな紹介になるんだろうか...
 
いくつかYoutubeの動画リンクで曲紹介。(PCでのみ閲覧可能のようです)
Tr.1: Oh What A World ←寒空で聴きたい感じ。 Tr.3: Vicious World ←このアルバムで特にお気に入り。 Tr.8: 14th Street ←夜景に合う音像。  
とにかく全曲素晴らしいアルバムです。

 
以上、ご紹介でした。
ちなみに、こういう時に「おすすめ○選!」みたいなワードをタイトルに入れると検索されやすいらしい、と聞いたのだ。
 
ほぇー。

 

おすすめの記事