夢を見て、いるかのような。

よっちゃんです。
 
 
自己抑圧・他者忖度の人生の果てに、心身強制終了して、1年を過ぎ。
 
...そんな自分を責めることを止め。
 
身体が動けるようになって。
  
”自分に還る旅” を始めて。
 
半年経った。
 
そこから...全てが、怒涛のように変容し。
 
気が付けば、自分が会うはずも無かった人たちと共に。
 
そう、思っていた人たちと共に

忘年会を過ごしてた。

今までの自分は、なぜ。
心のどこかで「自分はここにいちゃいけない」って、思ってたんだろう。
 
今の自分は、なぜ。
心のどこかで「自分はここにいてもいい」って、思えるんだろう。
 
居場所が変わったから、心が変わった...のではないんだ。
 
心が変われたから。
居場所も、人とのつながりも、変わっていったんだ。
 
きっと、そうだ。
 
 
 
自分が今ここにいる、ということ。
 
イマココに、いるということ。
 
噛みしめ、味わってみる。
 

 
...バーンアウトの果てに辿り着いた、コミュニティ。
変容した、自分の居場所。
 
そんな忘年会のなかで過ごしている、皆さんの笑顔が飛び交う光景が、自分にはとても
 
 
 

幻想的だった。
 
 
全ての出会いに...感謝。

おすすめの記事