【回顧録⑫】退職の決断と、心身の回復。  

再び出会う、心身の正直さ

退職する。実家に戻る。
 
もう決めた。
 
電話で伝えた。
 
また一回り、元気が戻った。
 
明るさが、また少し戻った。
 
息苦しさも、大分取れてきた。
 
さらに療養して気づいた。
 
「あぁ、自分は正気に戻った」
 
そして気づいた。
 
 
今まで自分は、もうずっーーーと、正気じゃなかったんだ。
 
心身強制終了から、ちょうど半年が過ぎていた。
 
 
続く。

関連キーワード
思惟・感得, 回顧録の関連記事
  • 頭→心→肚、頭→心→肚。自分とつながる”薄皮むき”の、繰り返し。
  • 【ひとりごと】「思い込み・信じ込み」の全てを「支配・被支配の歴史トリック」のせいにしてみてもいいかもしれない
  • 同行二人、「命に還る」巡礼の旅
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part3/3
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part2/3
  • 【脱・”足りない”ワールド】”足りないビリーフ” を 手放すために・Part1/3
おすすめの記事
【回顧録⑯】到来、変容の始まり。
思惟・感得
他人軸な人生の終焉、自他の分離 自分を生き辛くしていたコアビリーフの、解放。他者忖度人生の、終わり。 (参考リンク)【回顧録⑮】降臨、不動明...
闇を育てて、きたのなら。
思惟・感得
日付は変わり、大晦日。 死んだように生きてた、半年前。   で、今はこうしてブログなんざ書いてる。   今頃だって、普通に働いてるはずだった...