実家療養前に伝えていた、ある思い

半年以上前。
心身強制終了から療養のため実家に戻る際、所長と面談していた。
 
親戚とはいえ、雇用主と従業員なのだから当然のことだ。
 
自分はもうパニックと満身創痍の状態であったけど。
 
なんとか伝えたいをノートに書いておき、それを読み上げた。
 
自分に教えたいことを注ぐスピード感が、思った以上に速かったこと。
その速さが、自分が税理士試験に合格したあたりから、さらに速くなったこと。
これらに追いつこうとしたけど、もう背負いきれなくなってしまったこと。
いうなれば、心身共にキャパオーバーだったこと。
 
これに対しては、意外な返答だった。
「教えると教えただけ、それがどんどん出来てしまうので・・・
もっと教えなくては。そうしないと、この職場では満足しなくなって、やめてしまうのでは、と思っていた。
ずっと元気がなかったのは、この職場では満足できなくなっているせいでは、と焦っていた」
 
なんという意外な。そして、有り難い評価と
 
・・・「他人軸」のもたらす、カラクリ。
 
こうして、「他人軸」をやり抜いてしまうことが、なんと恐ろしいことか。
改めてそう感じる。

 

あれから、半年以上経って。

正式退職とその段取りに関する面談へ。
 
久々の、最後の、職場。
 
改めて。
退職すること。
税理士登録も抹消すること。
こうした決断に、もう迷いがない事。
 
きちんと伝えた。
 
全てをリセットし、やり直す。
これが今の自分に、一番必要なこと。
 
もうその道へ進む。
その決意を伝えた。

 
湘南ワークショップに参加したのは、この1週間後のこと。
 
 
続く。

おすすめの記事