断捨離で見えた、”心” ”物” 相関。

よっちゃんです。
 
まだまだ断捨離継続中。
 
最初はモヤモヤしながら ”遺品整理” を行っていたけど。
 
続けていると、その「モヤモヤ」の正体が見えてきた。
 
それは 

モノが「念のため」まみれになっていること。

「自分がああしたい、こうしたい」ためのモノではなく
 
「他の人がそうしているから、そう言っているから、念のため」のモノ。
 
で、自分の感覚、モノサシで選んでいないから、結局シックリこないから

ただ溜めこむだけ。

モノが死んどるわな。
 
...で。
 
そう気づいたうえで、その溜め込んでいた「モノ」に宿っている言霊に気づく。
 
それは

「ダメになるぞ。」と「早く、早く!」

「そうしないとダメになるぞ。」
「早く期待に応えられるようになれ。」
 
またか。
 
トーチャン。
ショチョー。
 
...これをなんとかしたくて、どんどん自分を抑え込んで、
どうにかしようとして不安になっていって、挙句の果てに
 
「念のため」まみれ。
 
またですか。
まだですか。
 
...というか。これをいまだにコダマしているのは

よっちゃん本人です。

イライラ。
 
まだ捨てられんのか。
 
そうか。
 
よっちゃん、まだ「モノ」と一緒に、溜め込んでたんだね。
 
「モノ」と一緒に、捨てようね。
 
では、いきますか。いきますよ。
 
 
 
 
 
 
 

うるせーバーカ!
!!!!!!!
知るかボケー!
!!!!!!!
 
 
ふぅ。

「自分を抑え込んできた自分」への、怒り。

...決して本人に言いたいわけではなく、ね。
 
あーあ。
 
むしろ本人達に言いたいのは、
 
これだ。↓↓
 

ごめんなさい。

ただただ理由もなく「イヤだった」、それだけでした。
でも、自分の感情には「正しさ」が、「理由」が必要だと思っていました。
だから、正しさも理由も見出せない自分の感情は、間違いだと思ってしまいました。
その結果、自分の事を潰してしまい、誰の期待にも応えられませんでした。
頑張ってみたけど、全然ダメでした。
 
ごめんなさい。

 

そして、これからは。

自分を潰さないために。
自分の期待に応えられる自分に、なっていきます。
時間がかかっても、なっていきます。
そして、自分以外のすべての人間が不幸であっても、その責任を ”正しくその人達に委任” し
あくまで自分は自分の事を幸せにする、その責任を全うできる人間を、目指していきます。
まだまだ未熟ですが、あきらめず、取り組んでいきます。

 
 
うむ。
もう、これしかないんだろうなぁ...
 
 
おしまい。

おすすめの記事