ある意味、新年。

立春が過ぎ、はじめてのブログ記事。

ある意味、ここから新年。

・・・というわけで、昨年の自分のブログを改めて振り返ってチラチラ読んでみたんだけど・・・

・・・

なんか、凄いね(笑)。

とにかく学びのレポート記事が・・・

てんこ盛り。

中でもLPL養成講座の記事は濃厚な叙事詩の如し・・・こんなに大作志向で書いてたのかー。

こうした「学びのレポート」を、誰に届けたかったのか

こうした、ある意味「鬼気迫る」ような学びのレポート。

それを、届けたかった人は、結局・・・

自分自身なのだろうなぁ、と。 

これまでの自分について「少しでも”ワケが分かりたかった”」という思いに、自分自身が精一杯応えたかったのだと思う。

そして、それを届けたのは「より深いところにいた”真我の自分”」だったのかな・・・なんてこと言うとかっこよすぎか(笑)。

”自分に還る学び” のレポート記事は、もはや ”書いていなかった”

それは、つまり

”降ろしていた”、という感じ。

「文章を書く」のではなく・・・

体験の「エネルギーを降ろしていた」感じ・・・アヤシイなぁ。

そして、今後もあの「降ろして書く」みたいな”芸当”が”発動する”のかどうか、なんともわからない自分がいる。

神社仏閣も随分と巡礼した

これもまた、カラダというか、魂というか、そんなものが欲したかのように巡礼しました。
これもある意味、我ながら「鬼気迫る」感じだなぁ、と。

2018年の神社仏閣巡礼の記事はこちら

今年のブログは、もっと ”軽やか” でもいいかも

昨年は何というか、特に「心の学び」というものに対してちょっと鬼気迫るような感じで突き進み、またブログもそれに連動するかのような雰囲気で進んでいったなぁ、と思う。

でも、今年も同じエネルギー感をもって過ごしていくかどうかはわからないし、また
「心のことを書かなきゃ」とか「大作を書かなきゃ」みたいな考えが 自分を縛るビリーフになっても、ブログを楽しめなくなるので。

・・・今年はもっと ”軽やかに”、 ブログを書いていってもいいのかもしれないなぁ。

人のエネルギー感も、ブログのエネルギー感も、変わりゆくもの

書く人のエネルギー感が変わると、ブログのエネルギー感もおそらく・・・変わりゆく。

そしてきっと、それでいいのだ。

そして、そんな「エネルギーシフト」を感じたりするのが、この「立春」という時期なのかもしれない。
 
 
今年の自分は、どんなブログ記事を書いていくのかなー。
・・・ちょっと楽しみに、してみよう。
 
 
 
・・・おしまい。
 
 
 

おすすめの記事