ジャッジ盛り盛りだった時のこと。

よっちゃんです。
 
 
「あの人、もっとこうすればいいのに」とか
「なんで自分はちゃんとできないんだろう」とか。
 
自分にも他人にも厳しくなってしまう「ジャッジ」。
 
頭ぐるぐる。ぐ~るぐる。
 
「...これってもう疲れる!辞めたい!」と思っていた時。
 
「じゃあどんな時にそれをやってしまうんだろう?」
「特に他人に対して、どんな時にジャッジしてしまうんだろう?」
「その傾向が分かれば、対策もわかるはず」
 
そう思って、一つ二つ、その光景をイメージしてみた。
 
そして、一瞬で気づく。
 

あぁ、なんだ。

 
要は「自分よりフリーダムな人」!  
それだけかい!!!・・・って、自分にツッコミ。
 
そこに一元化されるのね。
 
とうわけで

一瞬にして分析終了(笑)。

あとは、実践だ~。
 
と思っていたら、路上でドデカイ声で歌を歌いながら自転車を漕ぐオッサン登場。
 
あの人は「ジャッジすべき人」ではなく「自分よりフリーダムだなけのひと。」  
そう思って眺めてみることにした。
 
「いいなぁ、自由で。ほかの人は迷惑がってるか知らんけど、とりあえずうらやましい」
 
・・・おぉ!これがジャッジを外した時の、よっちゃんの本音かぁ。
 
ナンカオモロイ。
 
そして目の前の現象が、現象として以上には気にならない。  
楽だな、こっちの方が。
 
楽。
 
そうして、手放したジャッジとトレードオフの気づきが、コイツだ。

自分もそれ、やっちゃっていい人。

許可が出る。
 
許可が多いほど、人は自由。
 
そしてまた気付く。
 

手放すものが増えるほど、手放したくないものも、浮き彫りになる。

なんでもかんでも野放図な自分になってしまうことは無くて。
 
逆に「あぁ、ここだけは譲りたくない、大切なものがあるんだなぁ」に、なってくる。
 
そして「その譲りたくないものって
本当は手放したい物だったりするんだろうか?」なーんて
再検討できるようになったり。

 
こうして自分を整えていくのは、ナンカオモロイのだ。
 
 
おしまい。今回は短め!

 

 

おすすめの記事