よっちゃんです。
 
 

「一番大切なことを一番大切にする」ことを、一番大切にするために。

自分の「やりたい」「なりたい」「ありたい」の声に耳を傾ける。大切にしてみる。
 
でも、そう「やりたい」「なりたい」「ありたい」と
 
 
”意気込んでいる” ことに気づいたとき
 
 

「...あぁ、まだ違うんだなぁ。」と思ってみたりする。

そう「意気込まないとできない」もの。
 
...それはもしかしたら、ホントはまだそこまで「やりたい」「なりたい」「ありたい」ものではないのかもしれない。
 
だからちょっと、保留してみたり。
 
本当の「やりたい」「なりたい」「ありたい」事って、どちらかというと
「あーダメだ...やっぱこれ、好きだわ...」って感じで
「やっちゃう」し「なっちゃう」し「あっちゃう」んだと思う。

 
 
...そうやって。
意気込まなくても存在してしまう ”Want To Do” ”Want To Be” は、きっと本物。
 
きっと、本当 ”の” 。
 
「やりたい」こと。
「なりたい」こと。
「ありたい」こと。
 
 
でも、逆もあって。
 

「それ、怖いな」の声にも、耳を傾ける。

「やるの怖いな」「なるの怖いな」「在るの怖いな」。
 
多分そこには、一粒の。
 
本当 ”は” 「やりたい」
本当 ”は” 「なりたい」
本当 ”は” 「ありたい」
 
が、隠れていたりする。
 
 
 
本当 ”の” 「やりたい」「なりたい」「ありたい」に身を委ねるために。
 
本当 ”は” 「やりたい」「なりたい」「ありたい」を恐れないで。
 
本当 ”に” 「やりたい」「なりたい」「ありたい」へ許可を出せたなら。
 
近づいていく。

 

一番大切なことを一番大切にすることを一番大切にする、自分へ。

 
そのための。
 

3段ロケット式・許可出し構文。

本当のやってみたいことを
本当はやってみたいことを
本当にやってみる。
 
 
本当の感じてみたい自分の感情を
本当は感じてみたい自分の感情を
本当に感じてみる。
 
 
本当の自分に許可を出してみたいことを
本当は自分に許可を出してみたいことを
本当に自分に許可を出してみる。
 
 
本当の還ってみたい自分へ
本当は還ってみたい自分へ
本当に還ってみる。

 
 
人それぞれ描くものがあるかもしれない、
3段ロケット式・許可出し構文。
 
迷いや恐れ。
制限や思い込み。
 
一つ一つ、切り放していって。
 
近づいていく。
 
 
一番大切なことを一番大切にすることを一番大切にするために。
 
 

おすすめの記事