11月に12期が修了となった、LPL(ラヴィング プレゼンス リーダーシップ)養成講座
カウンセラー&セラピストのほか、作家として著書も出されている岡部明美さん(あけみちゃん)のライフワークともいうべき長期講座だ。

そのLPL講座修了とともに、その修了生向けにより深いセラピーのワーク・メソッドを教わることのできる「マスターコース」が開講。

その第1ステージは、「ジャーニーワーク」

・・・とは言っても、本家とは少し異なり、LPL式にアレンジされたもの。
ジャーニーもまた、他の多くの欧米発による心理療法と同じく、西欧文化独特の精神性や言語感覚でできているので、
それをあけみちゃんは、日本人の精神文化と言語感覚をベースにして”LPL式”のジャーニーワークを作ったのだそう。

世界的マインドボディセラピー「ジャーニーワーク」とは

ブランドン・ベイズが自らの体験から編み出した「ジャーニー」は、革新的マインドボディセラピーの手法で
オランダやカナダを始めとした公共機関でも導入されているワーク。
ブランドン・ベイズ 著:ジャーニー ―癒しへの旅―(単行本)(Amazonリンク)

ジャーニーワーク・「感情の旅」ではLPL講座内でも学んだ「感情には層がある」ことをワークを通して体感・体験するもの。
感情の層を下りていきながら、すべての感情を味わい尽くし、抑圧されていた感情をも超えてゆく、不思議な体験。

・・・それを深く体験した人というのは、その「感情の層」の果てに「自我を超えた、大いなる源のようなもの」にたどり着くのだという。
そして、そのことによって “自分とは感情でもなければ、思考でも身体でもない” ことを感得するのだ、という。

また、その源へのアクセスと、源からのメッセージは、その人に大きな変容・浄化をもたらすのだそうだ。
 
 
▼詳しくは、以下の記事に書いてあるので、本記事より先ににお読みいただけると幸いです。
(でないと、以下の記事はちょっとわかりにくいかも・・・ご容赦下さいませ)
【LPL-m1】LPLマスターコース・「ジャーニーワーク」体験記(1/2)
【LPL-m1】LPLマスターコース・「ジャーニーワーク」体験記(2/2)
 
 
今回は、その「ジャーニーワーク」受講後の自主トレ。
要は、受講生同士によるジャーニーメソッドの練習および体験会です。

しかも、今回はあけみちゃんがフル参加、直々のスーパーバイズ付き!

以下は、その「クライアント体験記」です。
 
今回も言っておくけど、

超~アヤシイよ(笑)。

では、いきますか・・・ 

「ジャーニーワーク・感情の旅」クライアント体験記

まずは通常のカウンセリングのように傾聴から始めていき
そこから強い「体感覚ないし感情」が出たところで、それらをトリガーにして
目を閉じ深い意識状態に入り、「感情の旅」へとガイドしてもらう。

ジャーニーはあくまで「感情」のみを扱い、その「層を下りていく」ワークなので
主訴そのものの取扱いはそこそこに、「感情へのフォーカス」にシフトしていく流れになる。

今回感情のトリガーにした主訴は、最近記憶に蘇っていた前職時代の所長との話。
いわゆるワントップ型で横のつながりは薄く、トップと社員個々の面談がクローズな中で行われている社風だった。
そんな個人面談のときに自分が「もっと横のつながりだったり、社員の育成を広げたほうがいい」と提案すると
「教えたら、辞めちゃうでしょ?」という、一言。
「スキルやノウハウを与えたら、その人はここを辞めていく。」
・・・社員への不信や、横のつながりへの拒否感。
でもそんな事を言う人が「よっちゃんには教えたいことが沢山あるんだ」と言うことへの矛盾感。
 
・・・そんな記憶を思い出していると、「悲しい」がとても出てくるのだ。

感情へのフォーカスを行う

 
ここで「悲しい」という感情が出てきたのでその主訴はそこそこに切り上げ
この「悲しい」という感情のみに、意識をフォーカスする。

「ジャーニーワーク」は、何らかの感情を入り口に、かつずっと「感情のみ」に留まることが必要なワークだ。

「思考」ではなく、「からだ」と「意識」を使って

自分の性格・気質はエニアグラム分析でいうと、タイプ5。
典型的な「思考タイプ」だ。

だから、もともと不得意な「感情」にアクセスしたら、それを「思考で捉える」のを辞めてみる。

「思考」ではなく、「意識」のみを使って、感じるようにするのだ。

「思考で捉える」というのは、例えば・・・

「これは”悲しみ”だな」という、分類付け。
または「どのくらい悲しんでいるかな」という、評価、などだ。

それを、やめてみる。
名付けない・分類しない・評価しない・描写しない

そうやって、「ただここにある、感じている”これ”」に、「ただ意識を向ける」

そして、この「意識の向けどころ」のガイドになってくれるのは、

「からだ」

感情と「からだ(体反応)」はセットなので、それをガイドに、プリミティヴな感覚のみに留まるようにしていく。

「呼吸」を使って、感情を「増幅」させる

そうやって「感じている」感情の、増幅。

それには、「呼吸」を使うのがよいと感じた。

「息を大きく吐いていく。それによって感情が増幅される」・・・そうイメージすると、感情が増幅されていった。

「悲しみの増幅」から、突如やってきた「ミステリアスな層」

「意識・からだ・呼吸」。
・・・それだけを使って、ただ感情にとどまり、増幅させていると。
 
それは突然、襲いかかってきてしまった。

いわゆる「ミステリアスな層」だ。
 
自分は以前の記事で、その「ミステリアスな層」を、このように自ら解説している。

2.ミステリアスな層

そんなエゴの層を旅していると、クライアントはどうやら
必ずといっていいほど「暗く、謎めいていて、絶望的な恐怖・戦慄を覚える」層に、ブチ当たるようだ。

そんな時のクライアントは身体を強張らせ「これ以上進めない!」「もう嫌だ、引き返したい!」といった「ヤバイ何か」と直面するようだ。

その層に直面したクライアントの様子から感じたこと。それは・・・

「この”層”というのは、もしかしたら・・・”死”の、層。」

そしてそれは、より正確にいうと

自我の死。

人が「生」と共に「自我」を授かることで逃れられない、二元性の種とでもいうべきもの。

人間は自分のことを、「肉体」と「マインド」、そして「性格」と同一化して生きている。
そこに疑念の余地がないほどに、自分を同一化させているのだ。

だからそれを「失う!」という恐怖が、「”自我の”死の層との直面状態」にはあるようだ。
・・・そしてそれは、体験者によると「ブラックホールのように感じる」から「ものすごく怖い」のだそう。

でも そこを超えていくことで、「自我は本当の自分ではない」という「悟り」が訪れるのだという。

 
 
・・・さぁ、自分の体験は、どうだったのか。

自分が直面した「ミステリアスな層」

先程の「悲しみの層」を増幅させていると、突如としてやってきたのは

ドス黒い、暴風の渦。

しかも、自分の「内側と外側の双方」から、同時に広がるように襲いかかってきた。

手足が突如として痺れ出し、腹回りがガクガクと震えだした。

目からは涙、鼻水も止まらない。

こわいこわいこわいこわいヤバいこわいこわい逃げたいこわいこわいこわいヤバいこわい痛いこわいこわい・・・!

まるで

「自我の自爆装置」、作動。

このままだと、「これ」に飲まれて・・・死ぬ・・・

「こわい!」・・・声をあげる。
「わけがわからない!」・・・声をあげる。
「得体が知れない!」・・・声をあげる。
 
すると、気づいた。
「声をあげると、その瞬間だけは”今ココ”に戻れる。」
「イマココに戻ると、体感覚に戻れる。」
「その瞬間だけは、暴風の渦から距離をとれる。」

体感覚に戻った瞬間に覚悟を決め、「ふぅーーーーー」と深い息を吐いて、この「ドス黒い暴風の渦」を、敢えて増幅させる。
 
こわいこわいこわい痛い痛い痛いこわいこわい・・・
また「暴風の渦」に飲まれ、大変な状態になる。 
 
 
・・・なかなか前に進めず、これを何度も何度も繰り返した、・・・と思います(笑)。
この層には、どれくらいの時間いたのだろう・・・

「ドス黒い暴風の渦」を増幅させると、「次の層への移動口」が現れる

そうやって「ドス黒い暴風の渦」を増幅させると、「次の層への移動口」が現れた。
 
それは・・・「崖」
下は、真っ暗
 
もう、行くしか無い。
行かないで”ここ”にいても、死ぬ。
でも行っても、死ぬかも・・・こわいこわいこわい・・・
でももう、行くしか無い。

「だれかメンターとなる人はいますか?」と、ガイドの声。

メンターは、ここにいるガイド(カウンセラー)と、モデレーターの仲間です、と伝えた。

「この二人と一緒なら、崖に飛び込めます」

2人に両脇に来てもらい、片手ずつ、背後から肩甲骨あたりに手を当ててもらい、3カウントで、椅子に座っているカラダごと、崖からダイヴした。

・・・落下が終わらない。

こわいこわいこわいヤバイヤバイこわいこわいヤバイ・・・死ぬ・・・ 
 
・・・落下を、終えた。

「ミステリアスな層 の果てに」

たどり着いたのは・・・「安堵」。
 
地面に支えられている、私がいる。
接地している、私の脚がある。
背中に手を当ててくれている、その温度を感じている。
その手を当てて「手助け」してくれている、二人の存在がある。
その温度を感じている、私のからだがある。

私という存在が、ここにある。
 

わかる。

「この層に名前をつけるとしたら?」と、ガイドの質問に

「”わかる”、です・・・」と、答えた。

自分にとって、この ”わかる” というのは、これまでになく、深い感覚の ”わかる” 、だった。
 
 

さらに深い、”源” の層へ

この「わかる」という層を味わっていると、自ずと次の層への「階段」が、現れた。
 
ガイドの誘導に合わせ、移動した。
 
移動しきったところには・・・何も無い。
でも、不安などは無く、落ち着いている。
 
しばらくそこにいると・・・
  
 
陰と陽、闇と光が、区別なく溶け合って、ゆらゆらと動いている。

「光」だから「明」なのではなく、「闇」だから「暗」なのでもなく。
 
区別がない。分離がない。
 
全部が一つで、一つが全て。
 
哀しみも歓びも、全てが溶け合う・・・そのことが、美しいのだ。

「よっちゃんのからだは、そこにありますか?」
 
無い。
 
「意識」しかない。
 
この「溶け合うゆらゆら」を観ている自分、そして一方で溶け合っている自分が、区別なく存在している。
 
からだが無い。
 
 

「この層に名前をつけるとしたら?」

・・・それは

慈悲。

「全部」。

「宇宙の空」。
 
・・・そんな言葉が、降りた。
 
 
この ”層” を味わい尽くし、今度は 旅をしてきた層を「戻っていきましょう」。

・・・そんなガイドの声に従うと、自分のからだが戻ってきた。

「感情の層」を、戻るプロセス

今回は「感情の層」の数がほとんど無いプロセスだった。
 
1層前の「わかる」という層に来て、気づく。
 
この「わかる」は、UNDERSTAND ではない。
 
”AWARE” なのだ、ということ。
 
そして、これまでの自分の生き方は、「UNDERSTANDの杖」で物事を解決しようとしてばかりいたのだ。
 
”AWARE” というのは、「いまここにいること」を、ただ ”わかる” ことなのだ。
だからこそ、「いまここにいる」ことを感じるために、その象徴である2人の「存在」をメンターにしたのだった。

そして「UNDERSTANDの杖」というのは、その適用範囲外である「どうにもならなさ」を、絶対に超えることができない。
だからそのことを恐れ、それに飲まれ、それを「死」なのだと囁く自我と、同一化してしまうのかもしれない。
 

キャンプファイヤーでの和解のプロセス

ジャーニーワークは、感情の層を下りていくなかで最も印象的な人物や出来事、記憶が出てきた層に戻り
そこでキャンプファイヤーなどの「火」を囲んで、その人物などと和解や許しを行う(イメージ)ワークを行うプロセスがある。
 
それは、その感情の層に張り付いている未完了の感情やニーズを完了・浄化させるプロセスであると言える。
 
あの「悲しみの層」に戻り、所長と社員、そして自分が 大きな焚き火を囲む。
 
「自分に向けられた期待に、応えられなかった。
自分だけでは、無理だった・・・そのための ”あたたかいつながり” が、なかったから。
それがなくて、悲しかった。」
「自分はもう、役目を終えた。あとは皆さんで、”あたたかいつながり” を作れるよう、祈ります。」
「自分は自分として、その ”あたたかいつながり” のなかで生きる道を、探していこうと思います。」

”あたたかい、つながり”。
・・・その言葉を口にしてから、なぜか悲しいわけでもなく涙が出続けている自分に、気づいた。
 
・・・そんなプロセスを体験し、目を開けて、「感情の旅」から帰ってきたのでした。
 
 

「ジャーニーワーク・感情の旅」の体験を終えて

目を開けて、気づいたこと

この ”旅” をガイドし、また見守ってくれた2人に目をやった。
 
これまでになくフラットな、自分がいた。
 
・・・そうか。
今までの自分は、相手に「お世話になっているあなた」とか「凄いあなた」といった ”修飾語句” を無意識につけて、
その関係性に多かれ少なかれ上下感、特に ”自分は下” という感じをつけていたんだなぁ。

そして、また。
・・・普段 ”光” の面を見せている人が突然、自分だけに ”闇” の面を見せて
これを「どうにかしろ」というエネルギーを見せてくるのだ、と思いこんでいたけど。
 
白と黒は、オセロのように二元的にひっくり返るのではく、境界のない状態で溶け合っているのだ。
それをたまたま一場面だけ切り取ってしまうから、おかしくなるのだ。
 
・・・そんなことに、気づいた。

 
私もただの「人」、あなたもただの「人」。
いろいろあって、まるごと全部の、その人。
・・・ただそれだけ、なんだなぁ。
 
そんな気持ちで2人の ”メンター” に掛けた、「ありがとう」の言葉。
それは、ただ単純に「人と人」を結ぶ、そんなシンプルなものに変容していた。

体験後の ”自分の感じ” は?

ジャーニーワーク「感情の旅」を体験してみて、そこにいたのは
「新生よっちゃん!」でも「悟りのよっちゃん!」でもなく・・・

よっちゃんの、絞りカス(笑)

目から鼻から汁という汁を出し尽くし。
感情のみならず、色々な何かを総動員して。

見事な絞りカスに(笑)。
 
でも「抜け殻」というより、「自分の深い所にいて、ボーッとしている感じ」だった。
・・・きっとこれから、ジワジワとこのワークの効果が自分に浸透してくるのだろう。

そして、もう一つ。
・・・あの「ミステリアスな層を抜け下りる」というプロセスは、もしかしたら

「”源”の お産」、なのではないか。

それくらい苦しく、過呼吸にもなって、それでもイキんだりした場面だった。
 
そしてこのワーク後はなんだかんだクタクタだったので、他の受講生の自主トレを大人しく見守りましたとさ。

その他・ワーク上の気づき

「感情を増幅」させると、次の感情の層への「移動口」は、自然に見えてくる

「ジャーニーワーク」のスクリプト(台本)には、
ガイドが ”次の感情の層に行くための、階段などが見えてきたかどうか?” という旨の質問をし、それをガイドすることになっている。
しかし、今回クライアント体験をしてみて思ったのは「感情を増幅していると、その質問がなくても ”自然と次の移動口が現れてくる”」ということだった。
 
そして、今回の自分にとっての「移動口」の形は「崖」、だったということになる。

「崖へのダイヴ」、である。
 
これは勿論、ワークを受ける一人ひとり、違う「移動口」になるのは間違いない。
ただ、今回「悲しみの層」から「ミステリアスな層」への移動は、突如として始まってしまったけれど。

「行き」は「感情のみ」でOK。「気づき」は「帰り道」でOK

今回「感情の旅」でもう一つ感じたのは、このタイトルの通り。

「行き」で「気づき方面」にガイドする必要は無く、あくまで感情にフォーカス。

すると、その「帰り道」で、不思議と「なるほど、そうだったのか!」という気づきが「深い体感レベル」で降り、
且つ自分の中でつながっていった。
 

「感情の旅」に帯同してくれたお二人を、ご紹介。

こんな「感情の旅」を絶妙な間合いでガイドしてくれたのは、LPL認定セラピストで、先日の重要なセッションもやってくれた、菊地健介さん。
健介さんには今回も重要な体験を導いていただき・・・何かとご縁を感じます(笑)。
 
菊地健介さんのブログ:心の設計書
カウンセリングの依頼は こちら
 
もうひとり、今回はモデレーター(見守り役)だったのに突如 ”メンター役” としてセッションに参加する羽目になってしまった(笑)、はるちゃん。
ヨガ講師などで活躍してきたはるちゃんもまた、LPLの学びを皮切りに、岡部明美さん(あけみちゃん)のワークショップ、また自身のヨガワークショップなどを主催するなど、「人との、そして自分自身とのつながり」をファシリテートして活躍されていく方だと思います。

詳しくは はるちゃんの素敵なブログ:ゆるしいろ にて。
 
お二人とも、本当にありがとうございました。
 
そして、この難しくて深い「ジャーニーワーク」の自主トレをホールドしてくださった 講師のあけみちゃん、そして仲間の皆さま、本当にありがとうございました!
 
 
おしまい。

おすすめの記事