”気” の良い道を歩いてみる

ちょっとしたことだけど。

今日から2日間、月に1度のTLI講座だ。
 
講座会場は、六本木にある。
 
最寄り駅は、六本木駅か、もしくは六本木一丁目駅。
 
そして会場へはそれぞれ、真逆の方向からのアクセスになる。
 
そして何より、それぞれから行く道の雰囲気が、真逆なのだ。
 
六本木駅から行く道は、飲食店などが立ち並ぶ、猥雑な都会の街並み。
 
週末で朝の時間帯もあってか、前日のゴミゴミ感が残留した気に溢れている。
 
実際に、夜通し飲んだのか 酔っぱらいもフラフラと歩いていたり。
 
 
対して、六本木一丁目駅からの道は、閑静な住宅や高層ビルが立ち並ぶ道。
 
六本木駅側と打って変わって、清浄な”気”を感じるのだ。
 
同じTLIの仲間も、同じような事を話している。
 
 
よっちゃんは六本木駅の方がアクセスが良く、便利なのだけど。
 
最近は六本木一丁目駅から降りるようになった。
 
”気” の良い道を ”選んで” 歩いたほうが、気持ちがいいからだ。
 

自分の感覚に従った時間の、満足感。

そんな ”ワーク” が出来る時間は、生活のちょっとした隙間にもある。
 
サラリーマンの方であれば、混雑をずらした時差出勤なども、それに該当するかもしれない。
 
また上記のように、自分にとって ”気” の良い道を選んで最寄り駅に向かうのも、また良いものだ。
 
”気” の良くない、損得で選んだ近道よりも
たとえ遠回りでも ”気” の良い道を選ぶ。
 
・・・自分の感覚に従った時間の、満足感。

 
実はそんな時間の積み重ねが、人生を豊かにするのかもしれない。
 
 
おしまい。

 

関連キーワード
  • 【ひとりごと】「”さなぎ感” から、結局 ”幼虫が出続ける” 感じ」に...ちょいとお疲れモードか。
  • 5月。
  • 缶ビールを”狭く開口”して注ぐだけでも、きめ細かい泡になるらしい
  • 【ひとりごと】「暖かな”気”の循環」の一員でありたいものだ
  • 【花粉症ボヤキ日記】クシャミとの、負けられない戦い。
  • 4月。
おすすめの記事
過去を手放すための、法則。
思惟・感得
神様からの、おみやげなのか。 年始巡礼から帰ったあと、突然ステート(心身の調子)が急降下した。   ただ。 自分がこうなる時の法則性は、なん...
【ひとりごと】2018年の手帳の件
日常ごにょごにょ
我ながら、なぜこの手帳にしたんだろうか(笑)。 2018年。   今年の手帳は。   「奈良旅手帖」にしてみた。   購入先は、東京の「奈良...
【回顧録⑤】突入、新たなる忖度。
思惟・感得
忖度人生は、絶えず”次なる忖度”を引き寄せる 自分の”表の感情”も抑圧し、それによって醸成していた”内なる修羅”も抑圧してみせた自分は。  ...